「商品・サービス検証」・「商品・サービス開発」

商品開発を行うためにさまざまな調査は必要不可欠です。
新商品の開発だけではなく、既存商品・サービスの改善にも大きな効果をもたらします。
商品開発のための調査には開発に関する研究用調査と市場でのニーズを聞き出せるマーケットリサーチを行い、現存する商品を検証し、より対象者むけに改良します。

「商品企画」と「商品開発」

この2つは、似て非なりです。

Elderly Laboは顧客のニーズを知り、ニーズに基づいたアイデアを出すことが一番大切だと考えています。アイデアをもとに具体的な商品・サービスを作り、改善を重ねて顧客に受け入れられるものを生み出すわけですが、新商品開発と既存商品・サービスの改良に分けることができます。

新商品開発
新商品開発とは、文字通り、会社にとって新しい商品やサービスを開発することです。いい商品であっても利用されなければ意味がありません。そこで大切なのが、売り上げにつながる商品・サービスを作ることです。

新商品開発にしろ商品サービスの改良にしろ以下の事が大切です。

情報分析
①市場や利用者に関する情報の分析が必要です。
②湧いてきたアイデアをターゲットに販売する方法や適したパッケージングを考える際、既存のノウハウや新しい情報・やり方を上手く組み合わせて、商品やサービスを開発すること必須ですが、それが本当にシニアに利便性があり購買価値のあるものかを再考していく必要があります

「利用者に喜ばれる商品である」という事はもちろん大前提ですが、その他にも「適切な売価で販売されているか」「ターゲットが手に取りやすいパッケージか」「新たな競合他社が現れていないか」などを考察しましょう。

プレゼンテーション

いくら良い商品・サービスでも、ターゲットに魅力的に伝えられるプレゼンテーション能力が必要です。おとなナビプラットホームでは商品開発やサービス開発および改良を行っています。

また、これまで縦割りになっていて連携しづらかった専門家を横でつなぐことで、複数の業種の連携がしやすくなりました。特定の状況や悩み事に特化した相続関連事業も創出できると考えています。

ご希望がありましたら、お気軽にご相談ください

    関連記事

    1. hanako世代とは

    2. SNS広告とは?

    3. オンライン相談会って?

    4. おとなナビプラットホーム                システムの「OEM提供」

    5. 動画広告の制作

    6. QRコードでアピール!