《文化放送のアンケート調査より》シニアはどこで「推し」を知り、誰と、どのように「推し活」をするのか シニアの推し活事情は?トレンドを調査

推し活仲間との出会い 1位は「SNSがきっかけ 41.9%」、一年間の推しに使うお金は「1~5万円がトップ」

文化放送は、全国の文化放送リスナー(全世代の男女)に向け、「推し活」に関する項目を含む実態調査をウェブアンケートで実施しました。(調査期間: 2022年12月8日~2023年1月7日)

本調査を通して、シニア(60才以上の男女)の「推し活の実態」について注目したところ、「シニアが推しを知るきっかけはラジオがトップ」で、「シニアの推し活仲間との出会いは、41.9%がSNSをきっかけとしている」こと、また「シニアの一年間の推しに使うお金は1~5万円がトップ」であることがわかりました。


アンケートは文化放送(調査協力 株式会社アスマーク)が実施し、全国の文化放送リスナーから3359サンプル(うち60才以上の男女は563サンプル)を回収し行ないました。主な結果は以下のとおりです。

  • シニアが推しの存在を知るのは46.9%が「ラジオ」。(全世代平均の42.9%を上回る)

「あなたは【推しの存在】をどのように知りましたか。あてはまるものをすべてお知らせください」(複数選択、本調査回答者全員)

図①_シニアが推しの存在を知るのは46.9%が「ラジオ」図①_シニアが推しの存在を知るのは46.9%が「ラジオ」

  • シニアが推し活仲間に出会うのは41.9%が「SNS」(Twitter+Facebook合計)。シニアもSNSが出会いの場に。

「あなたが、一緒に【推し活】をしている方と出会ったきっかけは何ですか」(複数選択、本調査回答者全員)

図②_シニアが推し活に出会うのは41.9%が「SNS」図②_シニアが推し活に出会うのは41.9%が「SNS」

  • シニア男女の推し活相手の違い。男性は「自分のみ」、女性は「友人」が1位。

「あなたは、普段【誰と推し活】をしていますか」(複数選択、本調査回答者全員)

図③_男性60才以上_普段誰と推し活をしていますか図③_男性60才以上_普段誰と推し活をしていますか

図④_女性60才以上_普段誰と推し活をしていますか図④_女性60才以上_普段誰と推し活をしていますか

  • 【家族と推し活】するのは「シニア女性」がトップ(33.9%)で、「女性20才以下」が2位(33.8%)。シニア女性は家族と「推し活」を楽しみ、母娘は「推し活仲間」になりやすい?

「あなたは、誰と推し活をしていますか?【家族】と回答した女性年代別」(複数選択)

図⑤_家族と推し活するのはシニア女性がトップ図⑤_家族と推し活するのはシニア女性がトップ

  • シニア女性は「コンサート舞台鑑賞」を「家族」「友人」と楽しんでいる。(シニア男性より高いポイント)

図⑥_家族と「コンサート舞台鑑賞」シニア男女別図⑥_家族と「コンサート舞台鑑賞」シニア男女別

図⑦_友人と「コンサート舞台鑑賞」シニア男女別図⑦_友人と「コンサート舞台鑑賞」シニア男女別

  • シニアの「推し活」に使う年間金額は、「1~5万円」がトップ(26.3%)。

「あなたが【推し活】にかける年間消費金額はいくらですか」(一つ選択、本調査回答者全員)

図⑧_シニアの推し活に使う年間金額図⑧_シニアの推し活に使う年間金額

◆文化放送は、2023年度 「好きがつながる文化放送」 をコンセプトに展開。より一層リスナーの「好き」や「推し」に耳を傾け、そのつながりを大切にしていきます。
A&G(アニメ&ゲーム)、ライオンズナイター、落語、アイドル、お笑いなど、様々な人の「好き」に応える番組や企画を展開する文化放送は、リスナーの「好き」や「好奇心」により一層耳を傾けながら、番組とリスナー、番組と番組、リスナーとリスナーのつながりを拡げ、お互いの「好き」を尊重しながら、様々な人、モノ、コトをつなげる番組づくりに力を入れていきます。

【アンケート調査概要】
タイトル: 文化放送リスナーアンケート
調査時期: 2022年12月8日~2023年1月7日
調査主体: 文化放送
調査方法: ウェブアンケート
調査対象: 【性別】男性、女性   【年齢】 60才以上   【地域】 全国
※全調査対象者の年齢は全世代ですが、回の調査結果は60才以上の結果を掲載しています。
回収数: スクリーニング調査 全世代3,359サンプル うち60才以上 563サンプル
調査会社: 株式会社 アスマーク

関連記事

  1. 2024年のシニアSNS事情はどうなる?60歳以上を対象にした「インターネットとSNSに関するアンケート」公開

  2. 【自己投資としておすすめなお金の使い方ランキング】男女500人アンケート調査

  3. シニアのスマホ習慣。「LINE」はシニアの半数が習慣化。続く「ニュースアプリ」は約28.4%が習慣化したと回答。

  4. 【60歳以上の男女に聞きました】62%が、将来的には「終活をするつもり」

  5. シニアにとっての贅沢。現役世代の「コト消費」に比べてシニアは「モノ消費」の傾向が高い。リクシス、シニアのプチ贅沢・贅沢に関する調査結果を無料公開

  6. ECサイトの使い方 ネオシニア世代