マーケティング・商品開発・商品検証

多くの商品やサービスの市場は成熟し、消費者ニーズは多様化している現代において、商品開発の重要性と難易度は高まっています。商品開発を成果に結びつけるためには、市場環境と顧客ニーズを的確に把握し、社内外のリソースを幅広く活用しながら柔軟な発想を持って取り組むことが求められます。 しかしながら私たち50歳からのhanako&popeye世代(ネオシニア)世代はもっともマーケティングの難しい年代だともいわれています。


商品開発とは、「明確化された商品のイメージやコンセプトを商品化」することを指します。

・商品企画は「商品化のためのイメージやコンセプトを作成すること」
・商品開発は「そのイメージやコンセプトを具体的に商品として形にすること」

HHKではドンピシャの世代の商品開発:検証のプロとして『いちゃもん’s』を結成しています。 『いちゃもん’s』はクレーマーではありません。
御社の製品 サービスに満足していない 困っている消費者の声を代弁するだけでなく解決策も提案出来るチームです。
特にシニア世代に関しては最強です!

「モノ余りの時代」という言葉に象徴されるように、多くの商品やサービスの市場は成熟し、消費者ニーズは多様化しています。 既存の商品を改良したり、ブラッシュアップしたりすることが新たな付加価値を生み出し、プロダクトライフサイクルを延長することにもつながります。このような商品とシニア市場との関係を背景とし、企業は消費者を引きつける新しい商品を次々と市場に投入することで、多くの成果を得ています。


・顧客(Customer)の立場から見て
・競合(Competitor)よりも優れた「価値」を
・自社(Company)が提供できる強みは何か

その後テストマーケティングを行いますが、「会場テスト」や「モニタ調査・ホームユーステスト」などがありますが、おとなナビプラットホームを利用してテストマーケティングによる顧客からのフィードバックを最終的なマーケティング施策に反映させていくことが重要です。
具体的な施策はPR(広報・パブリシティ)、広告・宣伝、販売促進、口コミなどがありますが、HHK-Labo(おとなナビプラットホーム)はワンストップサービスで力を発揮します。

プレスリリースの配信、記者会見の開催、自社メディアやSNSなどを通じた情報発信など広告・宣伝
マスメディアへの広告出稿、ネット広告、SNS広告、ディスプレイ広告、SNS・動画広告などサンプリング、ポイントによるインセンティブ、クーポンの配布、プレミアム・懸賞など 一般的には、これらの中から複数の施策を並行して行うプロモーション・ミックスという手法が取られます。

開発した商品のターゲットとする顧客層に、着実に情報を届けることのできる手段を選択することがプロモーション・ミックスの最も重要なポイントです。


商品開発はクリエイティブな要素を多分に含んでおり、アイデアやデータ、応用すべき技術など、商品開発に関わるリソースをすべて自社で賄おうとすると、着想の範囲が狭くなってしまいます。

世代の人間が実際に検証するからこそ、問題点に対応し、新しい消費者ニーズを掘り起こすことは不可欠です。

シニア・ネオシニアの商品開発のためのマーケティングリサーチならHHK-Laboにお任せください

    すべての項目をご入力ください

    ご相談内容(複数選択可) 媒体資料閲覧ご相談お見積もりお問い合わせその他 お名前 メールアドレス 会社名 郵便番号 都道府県

    都道府県以下のご住所 お電話番号 メッセージ本文(資料閲覧のみの方は「閲覧」とご入力ください)  

    関連記事

    1. 記事広告とは

    2. イベント情報無料掲載

    3. 私たちのDX広報費用 月々290,000円でこれだけ働きます.HHK-LABO

    4. 展示会出展ブース取材依頼フォーム

    5. おとなナビのECサイトは「最後の消費世代と呼ばれる、いわゆるHanako世代(1959~1964年生まれ)」というネオシニア世代です!

    6. 制作から運用までおまかせ!・定額ホームページ制作