動画でファンをふやそう!

企業PR・サービスPR・商品PR/採用動画/YouTube動画/インタビュー動画 など、丸投げOKで複数の企画をご提案します!

【用途別】動画制作費用の相場

YouTube動画の制作費用:約5万~15万円
会社紹介動画の制作費用:約10万~200万円
新卒採用のプロモーション動画の制作費用:約15万~200万円
イベント紹介動画の制作費用:約5万~30万円
インタビュー動画の制作費用:約5万~50万円
Facebook・Instagram広告動画の制作費用:約10万~100万円 が相場だと言われています。

動画制作のプランニング

納品までのスケジューリング
絵コンテの作成
出演キャストのオーディション・決定
出演キャストのスケジュールの確保
撮影場所の確保
撮影当日の流れを確定
実写動画を制作する場合、プランニングにはおよそ2週間程度かかります。

実写以外の場合(アニメーション・漫画・3DCG)はキャストや撮影が必要ないため、プランニング期間は1週間以内に収まることが多いです。

動画作成の相場料金は、基本的には人件費になります。 希望プランナーにより価格が変動いたします

撮影準備(制作準備)

実写の場合、撮影機材の調達やキャストの衣装調達・フィッティングを行います。

実写以外の場合はイラストやBGMの素材収集が準備にあたります。

期間としてはおよそ1週間前後が目安です。

撮影(制作)

カメラで撮影
撮影準備が完了したらいよいよ本番の撮影です。

プランニング時に確定させた台本や香盤表(当日の流れ)に沿って撮影を進めます。

実写の場合は1~2日で撮影が終了します。

実写以外の場合、実際に絵をかいたりCGを制作したり、声を吹き込んだりする過程が撮影のフローに当てはまります。最も手間のかかる作業なので、期間は最低でも2週間~1ヶ月以上を見込んでおくと良いでしょう。


編集
最後に、撮影した動画を編集します。サムネイルの制作やテロップの挿入、効果音やBGMの挿入などが編集作業にあたります。

編集が完了したらクライアント(依頼者)が最終チェックを行います。

クライアントは、気になる点があればこの時点で修正依頼をかけます。修正依頼の回数が決まっている制作会社もあるので注意してください。

編集作業については実写以外の場合も同じ流れになります。

期間は2週間前後かかります。


動画制作の依頼費用を抑えるためには、以下が大切になります。

1.自社で準備できるものは活用する
動画制作費用を抑えるためには、自社で準備できるものを最大限活用しましょう。

例えば、出演キャストを社員にしたり、撮影地は社内を舞台にしたり、台本を自社で用意したりなどが考えられます。

キャストを社員にすれば出演料を抑えられますし、オーディションにかかる費用や期間も減らせます。さらに、メイクや衣装も自社で用意すれば合計20万円程度の節約になります。

台本や絵コンテの作成も自社で行えば企画代約10万円程度を抑えられます。

撮影地についても自社の敷地内を使えば5~10万円以上の削減になるでしょう。

HHK-LABOでは撮影も自社で行い,編集を行うことが可能です。

全てを自社で準備すると手作り感が滲み出てしまいます。クオリティを保ちつつ自社で準備できるものは無いか、チェックしてみてください。動画に使うBGMやイラストを、オリジナルではなくフリー素材にすると制作費用を抑えられます

おとなナビではご予算や目的などに合わせてシニア応援倶楽部への加入業者をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!

お見積もりは無料です!

関連記事

  1. ランディングページ(LP)って何?

  2. スキルシェアー・お仕事・求人はおとなナビ

  3. 私たちのDX広報費用 月々290,000円でこれだけ働きます.HHK-LABO

  4. 展示会出展ブース取材依頼フォーム

  5. おとなナビプラットホーム 媒体資料

  6. HHK-Labo 代理店契約について